いろんな素材

精密な光学機器であったカメラは、今や身近なものである。
携帯電話にもカメラ機能がついており、いつでもどこでも写真撮影が可能となった。
機器というものには常に技術革新が行われ、それが起こると広く機器を作る工程が広められる。
そうすると、精密な機器でも、安い値段で提供されることになるのである。
もう一つ、カメラに起こった技術革新が、デジタルカメラの出現である。
デジタルカメラが出てきたことで、撮影した画像を、簡単にコンピュータを使って印刷できるようになった。
このため、多くの人がカメラストラップでカメラを下げ、日常的にカメラを取る事ができるようになったのである。

デジカメが普及したことで、同時にフィルムで撮影するカメラの価値も再発見されてきた。
特にトイカメラは色が鮮烈な少し歪んだ映像を撮影することができるカメラである。
この愛好者はセレブから一般の人まで広く存在する。
このため、ファッション感覚でカメラをもつ人が増えたのである。
ファッションで持ち歩くのであれば、カメラやカメラストラップの色や素材にこだわりたいものである。

男性や年齢の高い人が趣味に数えていたカメラは、こうしてファッションアイテムと変貌した。
黒一色であったカメラストラップも、色とりどりのものが出現している。
茶色のレザー素材であれば年月の経過を楽しくことができ、毛糸や布でカメラストラップを作れば他の人との差を付けることができる。
こうした色んな素材のストラップは、市販のものもあるが、自分でも作ることが可能である。